良い結婚式にするために!ゲスト選びの3つのポイント

初めに客層を決める!

結婚式でのゲストを決める事は、予算や結婚式のイメージなど様々なものと深く関わってきます。そのためゲストを決める事は、とても重要になりますので早めに決めるようにしましょう。ゲストを決める際、はじめに結婚式に招待するゲストの人数と、親戚関係や職場関係や友人などをリストアップする必要があります。まずは思いついた人達をメモしていきましょう。メモが出来たら、次に結婚式に招待する客層をイメージします。そのイメージに沿って、メモをした人達の中から選ぶようにしていきましょう。そうする事で絞りやすくなります。

両家の招待する人数の理想

一般的な結婚式でのゲストの人数は約70人であるため、新郎と新婦が招待するゲストはそれぞれその約4割程度となります。両家の人数は出来るだけ合わせる方がいいですが、どうしても合わない場合は無理に合わせる事はしなくてもいいのですよ。しかし両家の人数があまりにも差があると色々とトラブルが起きるため、バランスは必要となります。親戚を呼ぶ場合、普段あまり交流のない親戚を呼ぶのか呼ばないのかで悩んでしまう事もあるでしょう。そんな時は自分達だけで悩むのではなく親と相談する方がトラブルを起こさないためにもいいでしょう。

ゲストを選ぶ際に注意しておきたい事

ゲストを選ぶ時、誰でも誘っていいという事ではありません。例えば遠方の友達や妊娠をしている友達やご高齢の方などを誘うと、反対に迷惑をかけてしまう事となります。結婚式に参加する意向があるのかどうかを、事前に確認をしておく必要があります。もし難しいようであれば、結婚式が終わってから改めて二人で挨拶に伺うといった方法もあります。また人数調整ばかりに気をとられていると、一番誘わなければいけない人を忘れてたなんて事がありますので、注意が必要です。人数調整は、早めに済ませておく事が望ましいでしょう。

結婚式場を東京にすると、来てくれる人の移動がとても便利です。そのため、円滑な結婚式を行うことができます。