いつから普及?意外と知らない結婚式の歴史

結婚式は儀式の1つです

結婚式と披露宴は現代において、ほぼセットで考えられており、当人も招待客もパーティーの一種と考えている場合もありますが、その中身は全く違います。披露宴はお披露目する為のパーティーと言う考えで問題はありませんが、結婚式は「儀式」です。それも、神前、仏前、教会など、神聖な存在の前で夫婦の誓いを行うという、最上級の物です。お祭りみたいな物だから、などと考えたりせず、結婚式に出席する場合には、粛々とした気持ちで望んだ方が良いかもしれませんね!

日本の結婚式はいつから?

婚姻関係自体は、日本の古墳時代からすでに見る事が出来ますが、結婚式と言える物が登場したのは奈良時代であり、この当時は、男性が女性の元へ通う「通い婚」が通常でした。3日間、女性の家へ通った男性に、餅を3個食べさせる事で婚儀が成立します。平安時代には貴族の間でも主流となり、3日目には、露顕と呼ばれる、披露宴のような物も開かれていました。現代日本では嫁入りが一般的ですが、当時の日本では、婿の取るのが一般的だったようです。

現代の形式になったのはいつ頃?

結婚式の歴史自体は日本にも古くありますが、現代のような形式に落ちついたのは何時頃でしょうか。江戸時代には今の形に近づき、明治に入ると宗教の自由が保障され、結婚式も多様化します。自宅や神社などで行うのが増えますが、大戦時には時勢も相まって式は質素な物に落ち着きます。そして戦後、結婚式の場所は神社やお寺だけでなく、ホテルやアミューズメントパークなどと、様々な場所で行われるようになりました。個を大事にする現在においては、ユニークな形の結婚式も見る事が出来ます。

博多の結婚式場では、充実した設備によって魅力的な演出が可能となっているため、人とは違った演出にこだわっている場合でも安心です。